スマホは今や生活必需品です。

重圧を受けることなく自然に、利用したいですよね。

1ヶ月に使用できる通信料を限られていますが、秘密の裏技を使用して、有意義に節約しましょう。

データ量をオーバーすると、ホントに速度が出なくなります。

ほとんどの操作が遅くなります。

もちろん、動画なんて見れません。

WEBの操作、ツイッターの呟きなど、ホント嫌になるくらい何も出来なくなります。

嫌になりますね。

本当に……。

出先で、ネットサービスを、利用しないのであれば、自宅にいる限り、ネット環境はwihiにする事によって、面倒な、通信制限を受けることなく、ネットの使用ができます。

ゲームの利用も、尋常ではない通信量を、使います。

十分なクオリティで、上がるほどに、情報量が上がり、重いデータを、食うことになります。

またもや通信制限を、コレを打破するには、実際にどのくらいの、遅くなるんでしょうか?しっかりとあなたは、知っておきたい1つですよね。

データ量をオーバーすると、ホント、速度は出ません。

動画の閲覧は勿論、ゲームも出来なくなります。

動画だけでなく、ツイッターなどの普通にネットをすることが難しくなります。

まったくつかえません。

ま、また通信制限か、これになると、快適に使用していたインターネットが、ネット環境を楽し向ことが難しくなります。

僕がまずやったのは、2
625円の費用を携帯キャリアに、追加し、なんと、2GBまでなら、通常の速度で動かせます。

私たちの生活に密着しているのがスマートフォンです。

安穏に、かつ面倒なことをせずに、使いたいものです。

1ヶ月に使用できる通信料を限られていますが、お得な技を使って、節制することが大切だと思います。

容量をオーバーすると、データを通信する速度は、極端に低下してしまいます。

知ってのとおり、docomoやauは翌月の1日に、通信の制限が解除されます。

ソフトバンクだけは、契約内容の、締め日によって、通信制限の解除日が、3種類あることに注目しましょう。

LTEは携帯電話の通信規格の一つです、高いポテンシャルをもった、大規模なファイルの、やり取りができますが、利用者が、使うため回線が混乱するので、月に7GBの利用という、決まりをつくることにしました。

そんな状況下に置かれた僕が、一生懸命になって捜した、速度制限の抜け穴を、大公開。

う~ん、128kbtって言っても困りますね。

口で言ってもイマイチ分かり難いので、体験が自分の経験値になるので、理解が深まるでしょう。

外出時、インターネットを、使用しないのであれば、自宅にいる限り、ネット接続をwihiにする事によって、そうすると、通信制限を、受けることが少なくなるでしょう。

この容量を上回ると、データの通信は、決定的に遅くなります。

ゲームをしている時に、やたらと「通信中」と、催促されたり、とにかく「ダウンロード中」と、やたらと表示される、ゲームは注意したほうがいいでしょうデータ容量の消費が多い、動画の閲覧や、ダウンロードは著しく、データ量を使い、7GBの容量を、オーバーしてしまい、通信速度の制限がかかり、極端に動きが遅くなります。

LTEというmobile回線は、実は月7GBを越えると、あらゆるユーザーが、混乱することなく、公平に通信できるようにするために、極端に通信が遅くなる、通信速度を制限する事があります。

スマホは今や生活必需品です。

気持ちよく、利用したいですよね。

1ヵ月に使用可能な通信量を、お得な方法を使って、節制することが大切だと思います。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>wifiの持ち運びはdocomoで